ドライブ・道路情報

トンネルの中が運転しづらかったのはマルチビューコンタクトが原因だった

車の運転中にトンネルの中に入ると途端に遠くが見えづらくなってしまいます。目が悪くなったのかな、老眼が進んだのかなと思ったのですが、そうではなく理由はマルチビューコンタクトの特性によるものでした。

マルチビューコンタクトレンズの特性

私は子供のころから目が悪く、高校生の時からコンタクトレンズを使っています。最近、年齢のせいか近くも見えづらくなってきたので、コンタクトを遠近両用のマルチビュータイプのものに変えました。

このマルチビュータイプのコンタクトですが、どうなっているかというと、目の中心部は遠くに焦点が合い、中間部は真ん中あたり、そして外環部は近くを見るときに焦点があうようになっています。

この構造のおかげで普段の生活においてはとても見やすくしてくれて、便利に生活できています。

今まで気づかなかったのですが、このことがトンネルの運転しづらさにつながっていたのでした。

トンネルの中など暗いところでは瞳孔が開く

人間を始め動物の目は暗いところでは光をより多く取り入れるため目の瞳孔(黒目)が大きくなるようになっています。猫が暗いところで目がギラギラしてるのは見たことがあるでしょう。その状態です。

これまで明るいところを運転していて、急に暗いトンネルに入ると、この瞳孔が開いてしまい、黒目がコンタクトの外環部に達してしまいます。

そうすると遠くを見ているにもかかわらず、コンタクトの近くを見るための部分が視野に入ってきてしまいます。その結果として近視が矯正されづらくなり、急に見えづらくなるという状態に陥ります。

これはトンネルだけでなく、普通に夜に運転するときも似たようなことになってしまいます。最近、夜の運転が見えづらくなって困っていましたが、ずっと老眼が進んだせいだと思っていました。そうではないとわかったので対策が可能となりました。

夜のドライブ対策を考えてみる

これまでは目医者さんやコンタクトレンズ屋さんの怒られてしまうかもしれませんが、夜に「運転するときだけさらに眼鏡をかける」という対策を行ってきました。眼鏡といってもごく度数の軽いものですが、それでも夜やトンネルの中などではとても見やすくなります。

健康上の問題はあるかもしれませんが、事故を起こして怪我などしてしまうよりはましかと思っています。コストコで買えば10,000円以下で買えますので安く済みます。

ただし今回、トンネルや夜が見えづらいのはマルチビューコンタクトのせいだとわかりましたので、ドライブ用にマルチビューではない通常のコンタクトレンズを買うのが一番簡単だということがわかりました。

もちろん仕事や通常の生活では近くが良く見えるマルチビューの方が快適ですので、車を運転するときだけに使う用にそれほど高くないものを買うことにします。

今回、この件について眼科でこの説明を受け、処方箋ももらってきました。わざわざ店舗で高いものを買う必要もありませんので、アマゾンか楽天で追加購入します。1枚3,000円台で買えるみたいですので予備のコンタクトとしても使えそうです。

道路の設計もドライバーの安全配慮を十分にしてほしい

私自身、このような自己防衛で事故のリスクを減らすよう努力していますが、肝心の道路が「コスト削減」のために道幅が狭く設計変更されたり、照明が減らされたりしているのは、とても残念なことです。

日本人はとても情緒的なので、目の前のだれかが被害にあうと極端に反応するにもかかわらず、道路の構造で事故が起きやすいなどという統計的な事実についてはとても冷淡です。

これから高齢化が進み、夜に遠くが見えづらい高齢者が増えることを考えると、トンネルを明るくする、道路にできるだけ照明をつけるというのは最優先の課題にしても良い事項かと思います。