ドライブ・旅行

新東名高速道路 厚木南IC~伊勢原JCTの開通で圏央道合流渋滞は解消するか

2019年3月17日に新東名高速道路 厚木南IC~伊勢原JCT間が開通します。

これにより東名高速の伊勢原JCTを分岐し、これまで開通していた新東名厚木南IC~海老名南JCTと接続して、圏央道に入ることができます。

この開通によりこれまでの酷い東名拘束の圏央道合流渋滞ははたして解消するでしょうか?

新東名高速道路 厚木南IC~伊勢原JCTの開通の概況

2019年3月17日(日)15時にE1A 新東名高速道路(E1A 新東名)の厚木南IC~伊勢原JCTまでの間(延長約4km)が開通します。

これまで新東名厚木南IC~海老名南JCT間2kmはすでに開通していましたから、これと接続され圏央道と接続されることになります。

これにより圏央道で藤沢方面に向かう車は新東名に分岐する今回のルートを使うはずですから、その分海老名JCTに向かう車は減るのは確実です。

東名と圏央道の合流部の渋滞は慢性的でかつ深刻ですので、車が少しでも減ることにより、渋滞解消に少しは役立つとは考えられます。

ただし問題はこちらへ向かう車はあまり多くなく、圏央道に入る車のほとんどは北の高尾方面に向かう車です。

そうなるとこちらを使うのは遠回りですので、渋滞解消にはあまり役立たないかもしれません。

スポンサードリンク

遠回りでも迂回する車がそこくらいいるか

救いは、従来の海老名JCT周りのルートでも、今回の新設されたルートでも「料金は変わらない」という点で、それならば「遠回りでも空いているなら新ルートを使おう」という人が少なからず出てくることです。

あの酷い合流渋滞で何十分も待たされるなら、少しくらいの遠回りはいいだろうと考える人は必ず出るでしょう。

これにより車が適度に分散され、うまくいくと渋滞が解消される可能性はあります。

反対に悪い予想をすると、新たなルートも同じようにパンクして、両ルートとも渋滞が発生するということも考えられます。

しかしこれまでの圏央道合流部の渋滞は、圏央道自体の交通は流れていることを考えると、単に「合流部自体の設計ミス」が渋滞の原因と断言できますので、今回の開通により合流部の処理量が単純に2倍になったことにより改善されることは間違いないと思われます。

さらに今回の開通で大きいのは、圏央道で藤沢方面に向かう人、厚木周辺に住んでいて高速を降りる人が、これまでは圏央道合流渋滞に巻き込まれて「とばっちり」を受けていましたが、その人達に「逃げ道」が用意された形になるのは大変良いことだと思います。

スポンサードリンク

東名高速関係の今後の開通予定

せっかくなので、東名高速関係の今後の開通予定をご紹介しておきます。

新東名:2019年度 伊勢原JCT~伊勢原大山 2km

2020年度 伊勢原大山~御殿場JCT 45km

これにより新東名が名古屋まで通じることになります。

東名大和トンネル付近の付加車線設置

東京オリンピックまでの完成を目指すとしていますが公式の開通アナウンスはありません。

綾瀬スマートICの設置

2020年上半期の完成を予定、大和トンネル付加車線設置を同じころになりそうです。

圏央道:藤沢IC~釜利谷JCT

2020年度予定 釜利谷JCTからさらに湾岸道路まで直結しますので東名とは別の都内に入るルートができることになります。

神奈川県内の一般道の混雑の解消にもつながりますので、この開通には期待大です。

やはり東京オリンピックが行われる2020年に向けて急ピッチで整備を進めているようです。

また、

新東名(御殿場~浜松いなさ間)6車線化も2020年に向けて順次行われています。

6車線化は本来は開通当初からする予定でしたし、浜松~名古屋間は予算縮小で4車線で工事してしまいましたので、こちらの拡幅は今となっては不可能です。

「無駄遣い」を叫ぶ人たちにより、日本の未来は相当程度閉ざされたと実感します。

その他に計画中の道路を挙げておきます。

秦野厚木道路

東名・新東名に並行する形で走り、圏央道の北側に接続予定の自動車専用の国道です。国道246号線のバイパス的な位置づけです。

これにより海老名JCTの渋滞の緩和が期待できそうですが、開設時期は未定です。

暫定2車線予定ですので、こちらも合流部の渋滞発生が心配です。

新湘南バイパス 茅ヶ崎海岸-大磯

現在大磯まで来ている新湘南バイパスですが、これが茅ヶ崎まで延伸される予定です。

茅ヶ崎で圏央道に接続しますので東名方面や延伸した圏央道により都心方面にも向かえます。

伊豆・箱根方面から来た車はこれまでは小田原厚木道路経由で東名に流入していましたが、その一部がこちら経由で都心や千葉方面に向かえますので一定の効果があるかと思います。