ASUSレビュー

ROG Ranger Backpack を使ってみた感想

大学生の持つカバンってなかなか決めるのが難しい。

オシャレに決めたいのであれば手提げもありなのだろうが、理系の多くの荷物には対応しきれない。

そう考えるとリュックを選ぶのだがどうしてもダサくなってしまう。

どうせダサいのであれば突き抜けてやろうということで

ROG Ranger Backpackを購入した。

ROG Ranger Backpackって…?

ASUSのゲーミングブランドである「ROG(REPUBLIC OF GAMERS)」の発売するゲーマーのためのPCバッグである。 パソコンを常に持ち歩く人にはたまらない機能が目白押しで多機能なPCバックなのだ。

こちらも日本販売はあまりしていないようなので海外から輸入で購入した。

ROG Ranger Backpack

外観、機能

ROG Ranger Backpack正面 表面は硬い素材で作られており内部に入れるもの(PCなどの精密機器)を保護してくれるバッグになっている。

デザイン性も男子の中二病心をくすぐる感じでいいです。

ちなみにこのバック…クッソデカいです。

 

15インチのPCでも楽々入ります。

裏です。 背負っても厚くないようにメッシュ生地になっています。

方にもROGのロゴがあって良いですね。

右側面です。 ここについている小袋は取り外し可能です。

マウス入れに使えます。

マウスがぴったり入りますね。

左側面 ドリンクホルダーがあります。

背中側に1つポケットがあります。

薄い紙とか教科書のようなものを入れるのに適しています。

このポケット、薄く見えますがかなりの量が入ります。

次はメインのポケットの中を見ていきましょう。

メインのポケットの上部分はボタンとベルトで閉まるようになっていて、ボタンとベルトを全開にするとかなり大きな物でも入れやすくなります。

こんな感じのプラスチックのボタンです。

ちなみに、買ってすぐにこのボタンの一つがぶっ壊れましたが特に使用感に影響はありませんでした。

中はこんな感じです。

底は長方形になっており底面もしっかりとしているので壊れやすいものを入れても全然いけると思います。

写真の上のほうに見える仕切りはマジックテープとベルトで繋がっていて取り外しが可能です。

メインポケットに入っていた仕切りを出しました。

マウスの入れるマークやコードを入れるマークもあります。

この通りに入れるとバッグの中でコードが絡まったりする心配がなくなるので、この仕切りだけでもPCバッグ的にはかなり優秀です。

裏面はキーボードを入れる大きなポケットになっています。

写真下の黒い部分はマジックテープでバッグのメインポケットに、くっつくようになっています。

仕切りを取り外した後のPCバッグのメインポケットです。

完全な箱型になります。大概のもんなら何でも入ります。

12.5型のZenBook3を入れてみましょう。

余裕ありすぎですね……

再び正面 実はここにも小さいポケットがあるのです。

ここが一番、バッグの装甲が厚いので壊れやすいものを入れるには最適な場所です。

最後に底面です。

底面にもチャックがついています。

レインカバーが収納されています。

レインカバーもROGのロゴでめっちゃかっこいいです。

大切なPCが雨に濡れる心配もありませんね。

このバッグは側面からメインポケットにアクセスできるチャックがあります。

横からアクセスできるので取り出すときは基本的にこっちを使ってます。

スポンサードリンク

使ってみた感想

このバッグ……ほんっっっと最高です

大量の教科書やPC等の精密機器を安心して持ち運びできます。満員電車の中でも大切なPCをプロテクトしてくれます。

旅行の時にもバッグのサイズがかなり大きいので2泊程度なら余裕で荷物はいります

なにはともあれ精密機器がこわれる心配なく運べるというのはガジェットヲタクの自分からするとめっちゃくちゃ安心感があります。

見た目も中二感があるのでとても良いです。

皆さんも是非買ってみてください。