楽天ポイント

楽天ポイント投資の運用成績(2018年7月15日現在)

楽天証券では楽天ポイントを使って投資信託を買うことができます。

2018年1月から始めました。ポイントでの投資ですので勝ち負けはあまりこだわらずに気軽にできる投資法です。

楽天ポイント投資運用成績

2018年7月15日現在の残高 125,503円(+5,403円:+4.47%)

楽天・全米株式インデックス・ファンド 31,297円

楽天・米国高配当株式インデックス・ファンド 31,168円

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) 100円

iFree S&P500インデックス 31,377円

iFreeNEXT FANG+インデックス 31,561円

先月に楽天・全世界株式インデックス・ファンドを解約して、iFree S&P500インデックスとiFreeNEXT FANG+インデックスに変更しました。また今回eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)が出たので追加しました。

iFree S&P500インデックス と被るので、片方を株価低迷時のみに追加投資する口座にしようと思います。

具体的にはS&P500のRSI14が30を割ったら5,000円、25を割ったら20,000円、20を割ったら50,000円を追加投資しようと思います。RSIが25を割ることは年に1回あるかどうかなので面白いかなと思っています。

楽天ポイント投資とは

楽天ポイントで投資信託を購入していく投資法です。手持ち資金0、追加資金も0で始められます。

楽天証券の口座を開設する

楽天ポイント投資を行うには 楽天証券に口座が必要です。口座開設がまだの方はネットで簡単に申込できます。またこの時に楽天銀行の口座も一緒に作っておく後々便利ですので一緒に作っておくのが良いでしょう。

楽天ポイントを貯めるには楽天カードは必須

また楽天ポイント投資ですから楽天ポイントを貯めなくては話になりません。楽天会員になっていない方は会員登録の上、楽天カードへ加入しましょう。

楽天カードは通常カードよりも楽天ゴールドカードやさらに上の楽天プレミアムカードの方がポイントが2%分多くたまります(期間限定ポイントで投資には使えませんが)。

プレミアムカードは年会費が10,800円と高いので、年会費2,160円のゴールドカードに入るのが現実的かと思います。

楽天ポイント投資のやり方

楽天証券の特定口座を使っています。一般口座でも可能ですが税金の申告等が面倒になりますので特定口座の使用をおすすめします。

また確定拠出年金(iDeco)やつみたてNISAもこの楽天ポイント投資と並行して行っています。こちらについては別のページで書いていますのでご参照ください。

⇒ iDeCo(確定拠出年金)とつみたてNISAの違い

投資信託は低コストのインデックスファンドとして人気の「楽天・全米株式インデックス・ファンド」と「楽天・米国高配当株式インデックス・ファンド」の2つを使っています。

この2つの投資信託を楽天ポイントが入ったらすぐに買い付けています。ここで使える楽天ポイントは通常ポイントだけです。期間限定ポイントや楽天キャッシュは投資信託購入には使えませんのでご注意ください。それらは楽天での買い物に使っています。

積み立ての状況と補足説明

楽天アフィリエイトでもらえるポイントが毎月10日に3,000ポイントあります。また、つみたてNISAを毎日100円×16本やっています。楽天銀行からスイープ機能を使って振り込んでいますので1日につき3P×15回(ポイント付与の上限)×20日で約900ポイントが毎月2日に入ります。

その他楽天での買い物のポイントがちょこちょこあります。特にホテルやパック旅行の申し込みを楽天トラベルで行っていますので、そのポイントがかなり入ります。

結果として昨年の分と今年の6カ月半で約120,000円分の投資信託を買うことができました。6月の後半は株価が下落してしまい若干のマイナスになっていましたが、七月に入り反騰しましたので成績も非常に好調になっています。

ポイントで行う投資は負担感があまりありませんし、負けていても全く気になりません。楽しく長く続けることもできそうです。

楽天ポイントをうまく貯める裏技などもありますので、そういうのも研究しつつ続けていこうと思います。

FX自動売買もやってます。

余談ですが、遊びでFX自動売買をやってます。遊びですので投入額は10万円ほどで、海外FX業者を使っていますので「追証なし」いくら損しても入金額以上の請求はされない安全な取引でやってます。

自動で取引し複利で回していますので「もしかしたら」の夢が見られます。一応目標は1億円です。

投信購入だけですと「とても暇」ですので興味のある方は、私の別のブログをご覧ください。