楽天ポイント

楽天銀行カードをやめて楽天ゴールドカードに変更しました

何かと面倒くさい楽天銀行カードから楽天カードへの変更ですが、今回の楽天「SPU」の変更により放ってはおけなくなったので思い切って切り替えを行いました。

不利な立場に立たされた楽天銀行カード保有者

楽天「SPU」の変更により、楽天カードによるポイント上乗せが2%⇒1%に引き下げになり、代わりに楽天ゴールドカードの上乗せが1%⇒2%に引き上げになりました。

以前は、楽天ゴールカードの特典でもう1%もらえるという位置づけでしたので、年会費2,160円がかかるということもあり、そのまま楽天銀行カードをそのまま保有してきましたが、2%も差が付くと、私の場合年間30万円以上楽天を使っていますので、楽天ゴールドカードを持った方が圧倒的に得になります。(年間6000ポイント以上違います)

また通常年会費540円かかるETCカードが無料付加されますので実質的差は1,620円なので、年間81,000円(月6,750円)以上、楽天で買い物する人はゴールドカードへの変更が得ということになります。

ここで楽天銀行カードをそのままゴールドカードに変更できれば問題ないのですが、楽天銀行カードにはゴールドカードに当たるカードがなく、さらに楽天銀行カードと楽天カードを同時に持つことができないので、いったん楽天銀行カードをやめてから、楽天カードに入りなおすという面倒な手続きが必要になります。

この面倒くささから、かなりの楽天銀行カード保有者が変更を断念しているものと思われます。

そもそも楽天銀行の口座を開設した時にカードの枚数を減らそうとキャッシュカードと楽天カードが一枚になる楽天銀行カードを作ったのが失敗でした。結局のところネット銀行である楽天銀行に直接現金を出し入れする機会は私の場合は全くありませんので、キャッシュカード自体不要でした。

なぜ楽天プレミアムカードではなく楽天ゴールドカードか

楽天プレミアムカード(年会費10,800円)も考えましたが、今回は楽天ゴールドカードにしておきました。

年会費が8,000円も違うのが一番ですが、楽天プレミアムカードにあまりメリットが見いだせないからです。細かい比較は今度改めて書こうと思いますが、結局のところ海外の空港のラウンジが使える「プラオリティパス」を使うかどうかで決まります。

私はANAとJALの両方で上級会員になっていて、特に「プラオリティパス」を必要とはしていないので、年会費の安い楽天ゴールドカードにしました。楽天のことですから、後々はゴールドカードとプレミアムカードの差も付けてきそうですが、それはその時また考えることにします。

楽天銀行カード⇒楽天ゴールカードの手続き

まずは手続きに2~3週間かかります。その間は楽天カードが使えませんので、楽天で買い物をしない時期を選んで手続きした方が良いです。なお既にカードを使った分については以前の登録内容で請求が来ますので不都合は生じません。

① 楽天銀行に電話して楽天銀行カードを解約する。

楽天銀行カード⇒楽天カードの変更手続きは楽天e-NAVIからできますが、ゴールドカードへの変更はできません。必ず楽天銀行へ電話する必要があります。

楽天銀行カスタマーセンター(カードの裏面電話番号が書いてあります)に電話して解約する旨を伝えます。私の今回の手続きでは電話はすぐにつながりました。また同じような手続きをする人が増えているのか、手慣れた感じでさっさと手続きをしてくれました。

② 楽天ゴールドカードの加入手続きをネットで行う。

楽天ゴールドカードの加入手続きは2~3営業日後にやってくれとのことでしたので、数日待って実行しました。楽天銀行カードの解約手続きが完了していたようで、スムースに加入手続きができました。楽天銀行での支払いなので引き落としの手続きも一緒にできて簡単でした。
⇒ 楽天ゴールドカード申込

③ 申し込み完了のメールが送られて来る。

当日の夕方に「カード発行手続き完了のお知らせ」というメールが来ました。無事に楽天ゴールドカードを作ることができたようです。後はカードの受け取りですが1週間くらいかかるみたいです。受け取りは本人必須なのでうまく時間があえば良いのですが、結局再配達になって時間指定という流れかと思います。

③カードの到着を待つ。

今はカードが到着するのを待っている状態です。本日楽天からメールがあり楽天ゴールドカードを日本郵便で発送したとのこと。また楽天のSPUでは+4倍の表示に変更されていました。

やはり楽天ゴールドカードの加入ポイントはもらえませんでした。楽天e-Naviの画面を開いてみましたがポイント受け取りの画面は全く出ませんでしたのでダメなようです。