クレジットカード

楽天カードの海外旅行傷害保険を調べて見た

前回、海外旅行傷害保険について調べてみましたが、思いのほかカードにより大きな差があることがわかりました。

今回は保有者・利用者が多い「楽天カード」についてカードのグレード別に比較してみたいと思います。

「楽天カード」の海外旅行傷害保険

まずは楽天の通常カードの保険内容を見て行きましょう。

年会費 無料
条件 利用付帯
傷害死亡・後遺障害 2,000万円
傷害治療費用 200万円
疾病治療費用 200万円
キャッシュレス診療 あり
家族特約 なし
賠償責任(免責なし) 2000万円
救援者費用 200万円
携行品損害 20万円

年会費無料のカードにしてはかなり充実しています。ただし注意すべき点もあります。

保険が適用される条件は「利用付帯」

楽天カードの海外旅行傷害保険は「利用付帯」と言って、一定の条件を満たす必要があるタイプです。

クレジットカードの海外旅行傷害保険の適用条件には「利用付帯」と「自動付帯」の2種類があり、このうち「自動付帯」ならば保有しているだけで適用されますが、「利用付帯」の場合は旅行に料金を当該カードで支払うなどの条件を満たす必要があります。

楽天カードの適用条件は次の通りです。

日本を出国する以前に下記に該当する代金を楽天カードで支払っていること。

これだけではわかりづらいので具体的にあげます。

①海外航空券

②海外パックツアー料金

③自宅から空港までの交通機関の料金(電車・バス・タクシー・飛行機)

のいづれかを出国までに楽天カードで決済することが条件です。

③で満たすのもありですが、一般的には①の海外航空券か②の海外パックツアー料金を楽天カードで払って下さいねということでしょう。

詳しくはこちらをご覧ください。

⇒ 楽天カード 保険デスク

傷害死亡・後遺障害

これはそう滅多に使うものではありませんので、あまり気にする必要はないかと思います。

なお何種類か海外旅行保険に入っている場合は、その中で「最高額」のものが適用され、合算されるわけではありませんのでご注意下さい。

傷害治療・疾病治療・携行品損害はなかなかの水準

海外旅行傷害保険で一番利用する可能性が高いのは傷害治療・疾病治療・携行品損害の3つです。

保険の内容を吟味するときにはここが目安となります。

傷害治療200万円・疾病治療200万円・携行品損害20万円という水準は年会費無料の一般カードとしては高い部類です。(JAL CLUB-Aカードでも150万円・150万円・50万円)

これだけあればほとんどの場合は賄えるかと思いますが、万全を期すならば傷害・疾病については300万円は欲しいところです。

この部分については傷害死亡・後遺障害とは違い、複数の海外旅行保険に入っている場合は補償額は合算されますので、他のカードに付帯している保険も調べておいた方が良いと思います。

キャッシュレス診療の受け方

キャッシュレス診療はどこの病院でも可能というわけではありません。各保険に対して指定の病院があります。

ですから病気・ケガで病院に行く必要がある場合はまずは楽天カードのサポートデスク(保険)に電話をして指示を仰ぐようにしてください。

ですから楽天カードのサポートデスク(保険)の連絡先はこちらです。

⇒ 楽天カード 保険デスク

楽天カードまとめ

利用付帯の条件さえ満たせば、海外旅行傷害保険としては十分な内容です。

万全の構えで行きたいならば、他の「自動付帯」のカードを持ちつつ、楽天カードで旅行代金を支払うというのが良いと思います。

楽天カード

「楽天ゴールドカード」は「楽天カード」と同じ

それでは年会費2,160円の楽天ゴールドカードの海外旅行傷害保険を見てみましょう。

年会費 2,160円
条件 利用付帯
傷害死亡・後遺障害 2,000万円
傷害治療費用 200万円
疾病治療費用 200万円
キャッシュレス診療 あり
家族特約 なし
賠償責任(免責なし) 2000万円
救援者費用 200万円
携行品損害 20万円

何と、楽天の通常カードを同じです。

適用条件も「利用付帯」です。通常のゴールドカードは「自動付帯」のものが多いのですが、こちらは「利用付帯」ですので注意が必要です。

楽天ゴールドカードは、年会費が安い(2,160円)割に楽天SPUで+2%の優遇を受けられ、さらにETCカードも無料と、とてもお得なカードですが、この海外旅行傷害保険の部分は普通カードと同じ水準でした。

保険部分は他のカードで賄うという方には年会費が安い分良いかと思います。

楽天ゴールドカード
 

楽天プレミアムカードはかなり充実

年会費10,800円だけあって楽天プレミアムカードはかなりの充実ぶりです。

年会費 10,800円
条件 自動付帯
傷害死亡・後遺障害 5,000万円(自動付帯4,000万円、利用付帯1,000万円)
傷害治療費用 300万円
疾病治療費用 300万円
キャッシュレス診療 あり
家族特約 なし
賠償責任(免責なし) 3000万円
救援者費用 200万円
携行品損害 50万円

「家族特約」を除けばこれで充分です。

さらに年会費399ドルもする海外の空港ラウンジで使える「プライオリティパス」が無料で付いてきますので、それだけでお得なカードです。

海外旅行傷害保険の充実と併せて、海外への渡航機会が多い方にはとてもお得なカードです。

楽天プレミアムカード
 

楽天ブラックカードは別格か

さすがは年会費32,400円の楽天ブラックカード。保険も充実しています。

年会費 32,400円
条件 自動付帯
傷害死亡・後遺障害 10,000万円 家族:1,000万円
傷害治療費用 300万円 家族:100万円
疾病治療費用 300万円
キャッシュレス診療 あり
家族特約 あり
賠償責任(免責なし) 10,000万円 家族:5,000万円
救援者費用 300万円 家族:100万円
携行品損害 50万円 家族:20万円

プレミアムカードにはなかった家族特約もついています。家族の方は額が充分とは言えませんが、家族の方が持ている海外旅行保険自動付帯のクレジットカードの分と併せれば、同じくらいの額に行くと考えればお得感があります。

また、ブラックカードでもプレミアムカード同様、「プライオリティパス」が無料でもらえますが、こちらは同伴2名まで無料とグレードアップしています。

楽天ブラックカードは「招待制」が基本です。楽天カードのいずれかに入って「条件を満たせば」招待状が来るようです。

私はゴールドカードを持っていて来ましたが(楽天ダイヤモンド会員・楽天トラベルのヘビーユーザー)、プレミアムカード保有者の方が「招待」が良く来ているようです。(真偽のほどは不明です)

楽天プレミアムカード